先輩社員からのメッセージ

CS職 Uさん

お客さま一人ひとりと丁寧な対応を心がけ、
検針のスペシャリストを目指しています。

CS職Uさん  2016年入社

U社員

PUCへ入社したきっかけは?決め手は?

いろいろな人と接する仕事がしたいと思っていました。「水道」は、誰にとっても必要で、当たり前に身近にあるもの。だから年齢も性別も職業も様々な人が、みんな「お客さま」です。その「水道」の「お客さま」を迎える窓口の仕事に就きたいと思いました。

現在の仕事内容は?

「検針業務」を担当しています。定期的に行われるメータの検針でなんらかの異常(使用した水量が極端に多い、少ない等)を確認したときに、現地調査をして、お客さまと話をすることで原因を調査していく仕事です。また、地域でイベントがあった場合には、ブースを出展して、安全でおいしい高品質な「水道」のPRをすることもあります。普段の業務以上に幅広く多くのお客さまと接する機会があり、とても楽しいです。

U社員

今後挑戦してみたいことは?

今、私が担当している「検針業務」は、知識は幅広くかつ奥深く、現場経験もたくさん積まなくてはなりません。しかし、仕事のやりがいや充実感がとてもあるので、私はこの「検針業務」を極めていきたいです。そして、先輩のような頼りがいのあるリーダーになりたいと思っています。

U社員

メッセージ

「公共の仕事」ということで年齢層が高い職場のイメージを持っていませんか?入社前には私もそう思っていました。でも実際は、若い人が多く活気あふれる職場でした。年齢の近い先輩が多いので職場にもすぐ馴染むことができ、わからないところも聞きやすかったです。私たちと一緒に、責任ある公共の仕事を若いパワーで支えませんか。

このページのTOPへ