沿革

株式会社PUCは、東京都水道局の水道料金徴収システムをはじめ、公共団体の人事・給与などの事務システムの開発、運用を主な事業として、1966年(昭和41年)に東京都の「財団法人公営事業電子計算センター」として設立されました。2004年(平成16年)4月に株式会社を設立し、同年7月に財団法人から事業譲渡を受け、現在の株式会社PUCとなっています。2006年(平成18年)10月、東京都より監理団体の指定を受け、水道事業における事務部門を担うパートナー企業に位置づけられました。これまで培ってきた水道料金徴収業務のノウハウと高度なITを活用し、水道事業体のニーズに応えてまいります。信頼される官民連携のパートナーとして、水道料金徴収業務を運営し、高品質な水道サービスを提供してまいります。

1966年(昭和41年)8月 財団法人設立、千代田区大手町に事務所開設
1966年(昭和41年)10月 東京都水道局水道料金調定システムの運用開始
1985年(昭和60年)4月 本部機構を新宿国際ビルに移転、新宿センター開設
1986年(昭和61年)12月 東京都水道局徴収事務オンラインシステムの運用開始
1991年(平成3年)2月 通商産業省「システムインテグレータ企業」に登録
1993年(平成5年)3月 ハンディターミナルによる水道検針業務の開始
1995年(平成7年)2月 本部機構を新宿アイランドタワーに移転
1999年(平成11年)7月 プライバシーマーク取得
2002年(平成14年)1月 東京都水道局水道料金ネットワークシステムの運用開始
2002年(平成14年)8月 QMS(品質マネジメントシステム)認証を取得
2002年(平成14年)1月 経済産業省「特定システムオペレーション企業」に認定
2003年(平成15年)8月 ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)認証を取得
2004年(平成16年)7月 財団法人から株式会社PUCへの事業譲渡、株式会社PUCの事業開始
2005年(平成17年)1月 東京都水道局多摩水道料金等ネットワークシステムの運用開始
2005年(平成17年)1月 東京都水道局お客さまセンターの運用開始
2006年(平成18年)1月 立川事務所開設
2006年(平成18年)4月 多摩地区5カ所に東京都水道局サービスステーションの運営開始
2006年(平成18年)10月 東京都から監理団体の指定
2006年(平成18年)11月 東京都水道局多摩お客さまセンターの運用開始
2008年(平成20年)4月 東京都水道局サービスステーションの運営拡大(多摩地区12カ所)
これにより26市町すべての区域の業務を受託
2011年(平成23年)8月 区部1カ所で東京都水道局営業所の運営開始
2012年(平成24年)4月 昭島市水道包括業務開始
2012年(平成24年)4月 「WISH」による羽村市水道料金システム稼働開始
2014年(平成26年)4月 秋田市上下水道局お客様センター業務受託開始
2017年(平成29年)4月 東京都水道局営業所の運営拡大(区部5カ所目)
このページのTOPへ